メニュー

ピロリ菌外来

日本人の約半数(50歳以上では約70%の人)が感染しているピロリ菌は、胃がんの発生と深く関わっていることがわかっています。
2013年2月より、胃炎を内視鏡で確認できた患者様でピロリ菌感染が確認された場合は、すべて、除菌治療に保険が適応されるようになりました。
ピロリ菌の検査を受けてみたかったけれどその機会がなかった方や、家族や親せきに胃がんの人がおられる方、ピロリ菌感染がわかっていて除菌治療を受けたい方など、ぜひ一度、外来受診をお勧め致します。

ピロリ菌に感染すると…

ピロリ菌に感染すると胃の粘膜が傷つけられ慢性的な胃炎が起こります。そのほか、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんなど悪性腫瘍を引き起こすこともわかっています。

ピロリ菌はどうやって感染するの?

ピロリ菌の感染経路はまだはっきりわかっていませんが、井戸水やピロリ菌に感染している大人から子供への口移しなどによる経口感染が大部分と考えられています。また、一度感染すると除菌をしない限り、胃の中から菌が消えることはほとんどありません。

ピロリ菌を除菌する前に内視鏡検査が必要です

胃炎を内視鏡で確認できた患者様でピロリ菌感染が確認された場合は、すべて、除菌治療に保険が適応されるようになりました。胃カメラ(内視鏡検査)でヘリコバクター胃炎を確認、ピロリ菌の感染診断で感染証明ができましたら除菌治療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME