メニュー

禁煙外来

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。禁煙を決意されたら、当院で禁煙までの道のりをサポートいたします。一緒に取り組んでいきましょう。
禁煙外来では、患者さまの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過観察、アドバイスを行ってまいります。禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、診察で相談できるので上手に続けていくことができます。
また、条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療ができます。

 

禁煙をするとこんなメリットが…

心臓の病気(虚血性心疾患)が半分に。
脳卒中による死亡率が半分に。


ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

その条件は、以下の4つです。

  1. ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  2. 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が200以上であるものであること。
  3. ただちに禁煙を始めたいと思っている
  4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している

過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。
なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。
過去に禁煙治療を行った人で、再喫煙をしてしまっても、もう一度挑戦できます。

禁煙外来のスケジュール

当院では、ニコチンを含まない飲み薬「チャンピックス」での禁煙治療を行っております。
健康保険を使った禁煙外来では、12週間で5回の診察を受けていただきます。
禁煙外来では呼気の一酸化炭素濃度を調べ、喫煙状況を見ながら指導を行います。
一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めればこの値は低下していきます。

 

  1. まず、禁煙の開始予定日を決め、その1週間前から服用を開始します。
    この段階では喫煙しても構いません。
  2. 服用開始8日目から禁煙を開始します。
    (自然にタバコを吸いたくなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ります。)
  3. 通常、合計12週服用し、終了です。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME