メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、大血管の疾患や心疾患を合併した場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

当院の治療について

当院では、運動・食事療法、内服薬やインスリン注射による薬物療法を行っています。

糖尿病が疑われる患者様が来院された場合、①高血糖の程度とその持続期間 ②体重と推移 ③尿ケトン体の有無 ④抗GAD抗体の有無 を検査にて確認し、治療方針を決定します。重篤な症状が確認された場合は当院と連携した専門医に紹介・搬送いたします。

糖尿病治療の三本柱は、食事・運動・薬物療法です。血糖を下げることだけに固執して新しい薬をどんどん使うのではなく、定期的なスクリーニングで身体の状態をしっかり確認しながら、食事・運動のアドバイスおよび薬の選定・治療を患者様と共に進めていきたいと考えております。

糖尿病治療は定期的に通院し「継続できる糖尿病治療」を目指すことが大事です。急に最良を目指さず、まずは緩やかに長期間取り組めるように進めてまいります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME