メニュー

内視鏡(胃カメラ)検査

内視鏡検査は、食道がんや胃がんの診断には欠かすことのできない大切な検査です。

内視鏡検査の受診率向上による食道がんや胃がんの早期発見、早期治療を目指し、誠実に努めてまいります。

Point1 自分に合った方法が選べる胃カメラ(内視鏡検査)

高画質の細径スコープの登場で吐き気の少ない
そして正確な診断ができるようになりました。
①胃カメラ×鎮静剤あり→眠った状態で検査を受けられる
②胃カメラ×鎮静剤なし→検査が終わり次第、結果を聞いてすぐに帰れる
をお受けになるか患者さまにお選びいただいています。
また、胃カメラを、「口から入れる」か「鼻から入れる」か医師と相談し決めます。
経鼻検査の場合は、検査中に医師と一緒に画面をご覧いただけます。

Point2 リカバリールームでゆっくりお休みください

検査で麻酔を使用した患者様は、ベッドのあるリカバリールームまでご案内致します。
30分程お休み頂いた後、お帰り頂いております。

Point3 最新鋭の内視鏡システムを導入

当院では、フジフィルム社製の最新鋭のLED内視鏡システムを導入しています。

Point4 徹底した衛生管理

ガイドラインに準じ、内視鏡検査一件ごとに手洗いと内視鏡洗浄機での洗浄・消毒をおこない、衛生管理と感染対策を徹底しています。

 

【検査までの流れ】

まず、お電話にて検査をご予約下さい。TEL:048-824-7337

検査前に1度ご来院ください。

[胃カメラ前検査] 採血(感染症検査)+ 胃カメラ検査についてのご説明

[検査当日] 胃カメラ(内視鏡検査)


感染症検査について

内視鏡検査の前に血液検査で感染症(B型、C型肝炎ウイルス検査、梅毒反応)を調べます。

これは内視鏡を介しての感染症の広がりを防ぐためです。


【検査前の食事について】

検査前日の午後9時以降および当日の朝は何も食べずにお越しください。

ただし、少量の水やお茶は構いません。(牛乳・コーヒー・ジュースは不可。)

【タバコを吸われる方】

タバコにより胃液が出て胃粘膜が見えにくくなりますので、検査当日の喫煙はお控え下さい。

【その他注意事項】

1、検査で麻酔をご希望の方は、自動車・バイク・自転車など、ご自分の運転でのご来院はお控えくださいますようお願い致します。

2、検査ご来院当日に体調が悪くなられましたら、すぐにお知らせください。

3、検査で衣服が汚れることがございます。襟の無い服をおすすめいたします。また、検査後にお腹が張ることがありますので、ゆるめの服装をおすすめします。

4、検査終了後、1時間後から飲食可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME